一流になる脳の必須条件とは?

 

プロフィール

大坪 信之(おおつぼ のぶゆき)/株式会社 コペル 代表取締役。福岡大学人間関係論非常勤講師。一般社団法人徳育学会会長。日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー。2児の父。1963年福岡県生まれ。大学卒業後、日本アイ・ビー・エム株式会社にてシステム開発や営業業務に従事する。自身の子育て中の経験から幼児教育に興味を持ち、1994年に徳育教室(現コペル)を設立。幼児教室コペルの運営を通じて、子どもの心の教育を志し、様々な研究に取組んでいる。全国各地で子育てセミナーや子どもの潜在能力を引き出すための講演活動なども多数実施。

 

右脳と左脳がありますが、その間に脳梁と言われる谷があります。

右脳と左脳は、生まれたときはつながっていませんが、刺激に応じて配線がつながっていきます

この配線の細い配線しかないと、それは砂時計のように詰まったような状態になり、人間は左脳が利き脳と言われる状態になります。

これは、いわゆる凡人の状態です。

左脳が利き脳になりますと脳の内側は、右脳経由でてきますから、その脳の内側を使えないということになります。

一流になる脳の必須条件とは?


右脳左脳の説明で、よく右脳はイメージ脳だという話を聞くかと思います。

イメージは、脳の内側の能力のことを言います。

それが右脳経由で出てくるので、便宜上そう言われています。

だから、そういった内側に「本当の力」が眠っています

けれど、左脳が利き脳になってしまうと、それが全部使えなくなるということです。

 つまり、一流になるためには全脳が使えることが必須です。

オーケストラの楽団で言うと、約6割は、左脳が利き脳だと言われています。

しかし、指揮者になる人で左脳が利き脳の人はいません

将棋の世界でも、三段までは左脳が利き脳の人もいますが、それを超える人で左脳が利き脳の人はいません。

だから、一流になるためには、幼児期にこの右脳と左脳をつなげて、全脳が使えるようにしておくことが重要です。

大坪信之氏インタビューの完全版はコチラ

プロフィール

大坪 信之(おおつぼ のぶゆき)/
株式会社 コペル 代表取締役。福岡大学人間関係論非常勤講師。一般社団法人徳育学会会長。日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー。
2児の父。1963年福岡県生まれ。大学卒業後、日本アイ・ビー・エム株式会社にてシステム開発や営業業務に従事する。自身の子育て中の経験から幼児教育に興味を持ち、1994年に徳育教室(現コペル)を設立。幼児教室コペルの運営を通じて、子どもの心の教育を志し、様々な研究に取組んでいる。全国各地で子育てセミナーや子どもの潜在能力を引き出すための講演活動なども多数実施。

<主な幼児教育関連著書・監修書籍>

※本をクリックするとamazonの書籍紹介ページに飛びます
特別記事