幼稚園受験が必要!人気の幼稚園ランキングTOP10と受験対策

特別記事

子どもに早期から良質な教育を受けさせたいと考えるパパやママの中には、幼稚園受験を検討されている方も多いです。

しかしながら、小学校受験に挑む家庭が全体の数%とマイノリティーな現代の日本では、本格的な幼稚園受験ともなるとその数がさらに減少します。

今回は、そんな幼稚園受験について人気の幼稚園にフォーカスして、受験に役立つ情報をご紹介します。

そもそも幼稚園受験とは?


まずは、基本的な知識として押さえておきたい情報をご紹介します。

  1. 幼児園を受験するというのは?
  2. 幼稚園受験の中身は?
  3. 幼稚園受験の面接内容は?

以上の3点をまとめたのでご覧ください。

幼稚園を受験するとは?

現代の日本では、受験をせずとも必ずどこかの幼稚園に入ることができます。

国が補償しているのは、自宅から通える距離にある公立幼稚園の利用ですが、私立の中にも願書を提出したり簡単な面接を受けさえすれば、入園できる幼稚園もあります。

一般的に“お受験”と称される本格的な受験をおこなっているのは、東京を中心とした首都圏と京都や大阪などを中心とする関西の一部のエリアにある付属幼稚園です。

幼稚園に入園すれば、大学までエスカレーター式に進学できる学校が多いのが大きなメリットです。

「内部受験」と呼ばれる受験にパスする必要はありますが、一般入試よりも簡単であることが多いので、思春期の子どもの負担を減らしたいと考える親から支持されています。

また、多くの幼稚園がオリジナルの教育方針やカリキュラムを組んでおり、一般的な幼稚園よりも良質な幼児教育が受けられることも多く、この点をメリットに感じる保護者も多いと言えます。

一方で、高額な学費がかかることや自宅から遠いこと、幼稚園に入園するとその後中数年に渡って大きく人間関係が変わらないことなどをデメリットと考える家庭も多く、幼稚園を受験する前にはそのメリットとデメリットの両者をしっかりと把握する必要があると言えるでしょう。

また、幼児期である幼い子どもに、少なからず“受験”というストレスを与えるのも事実。

まだ本人の意思で進路が決められない年齢なだけに、保護者がしっかりと責任を持って受験の是非を検討する必要があると言えるでしょう。

幼稚園受験とは?メリットやデメリット、おすすめ受験対策をご紹介!

2018.11.17

幼稚園受験の中身とは?

人気校の多くでは、書類選考と面接に加えて、「考査」と呼ばれるテストが実施されます。

考査の内容や評価のポイントは各園で異なりますが、大きくは以下のような内容で受験が実施される傾向にあります。

  • 運動能力
  • 知力
  • 表現力
  • コミュニケーション能力
  • しつけ

生まれた月によっては4歳に満たない子どもが受験することもあるため、高校受験や大学受験のように誰が見ても明確に合否がわかるようなものではありません。

また、多くの幼稚園では問題内容が公表されていないため、受験対策を困難に感じる保護者の方も多いのが実情です。

合格者の声や受験体験者の声をネットや幼児教室経由で知ることができるため、そうした情報をもとに受験対策を進める家庭が多い傾向にあります。

また、日本を代表するような名門幼稚園では、書店に受験対策用の問題集が置かれていることもあります。

幼稚園受験での面接の内容とは?

面接のスタイルは「親子面接」「親だけの面接」「子どもだけの面接」の3つが存在します。

親には、願書に記した内容に踏み込んだ質問や幼稚園を志望する理由、しつけや教育方針を尋ねられることが多いです。

また、両親の仕事や兄弟構成とその関係など、さらに踏み込んだ内容を訪ねてくる幼稚園もあるようです。

一方の子どもでは、名前や年齢、好きな食べ物や遊びなどを聞く幼稚園が多いです。

単純な質問を通して、子どもの性格やしつけのレベルなどがチェックされていると言えるでしょう。

また、下記記事に幼稚園受験の準備に必要なことも全てまとめてあるので、詳しくはこちらをご覧ください。

幼稚園受験の準備って一体なに?スケジュール・準備リスト【完全版】

2019.01.25

【TOP10】人気名門幼稚園の倍率とランキング


続いては、人気の名門幼稚園ランキングと、各園の特徴をご紹介します。

ここでの名門幼稚園ランキングは、gooランキングが独自におこなった「子どもを入学させたいと思う都内の有名幼稚園ランキング」がベースになっています。

統計データは2008年に取られたものではありますが、2019年現在も変わらず人気の幼稚園ばかりです。

第1位:「青山学院幼稚園」

最大の特徴は、キリスト教保育がおこなわれる点です。

一日数回、礼拝やお祈りの時間があり、子ども達は宗教というものを身近に感じながら生活することになるでしょう。

また、自然の中で遊びを通して教育が進められる点や初等部と連携、国際交流が盛んである点が、こちらの幼稚園の魅力です。

青山学院幼稚園のホームページ

第2位:「お茶の水女子大学附属幼稚園」

幼稚園が入る敷地の中にお茶の水女子の小学校から高校、および大学の講堂までが存在する点が1つの大きな特徴と言えるでしょう。

また、2016年に140周年を迎えた同園は、日本で最初に幼稚園として開設された歴史を持つ伝統のある園として有名です。

「幼児期を一生を基礎づけ、方向付ける特別なステージ」と捉え、日々保育に取り組まれている点も、人気のある理由と考えらえるでしょう。

お茶の水女子大学附属幼稚園のホームページ

第3位:「学習院幼稚園」

学習院幼稚園の特徴は、幼稚園から大学までが一貫した教育理念のもとで学校教育が運営されているという点です。

「正直で思いやりのある心」「自主性」などを重んじる点に、特に幼稚園での教育の特徴が表れていると言えるでしょう。

学習院幼稚園のホームページ

第4位:「白百合学園幼稚園」

幼稚園から大学までを一貫してキリスト教の精神に基づいた教育がおこなわれる点が特徴です。

また、幼稚園ではモンテッソーリ教育が実践されています。

「宗教性・知性・情操を養う」ことに力を入れているという言葉からもわかる通り、子どもたちは宗教(キリスト教)を身近に感じながら日々を過ごすことになります。

白百合学園幼稚園のホームページ

第5位:「雙葉小学校付属幼稚園」

創立者が築いたカトリックの精神と価値観を基に幼児教育が進められるのがこちらの幼稚園です。

明治43年に創立された長い歴史を持つ幼稚園でもあり、確かな教育レベルとその歴史に人気があります。

遊びを重視した保育や友達との関わりなどを大事にし、2年間で子どもが子どもらしく成長することを目標としています。

雙葉小学校附属幼稚園のホームページ

第6位:「東京学芸大学付属幼稚園」

豊かな自然に囲まれた中に園舎が建てられているのがこちらの幼稚園の特徴です。

「感動する子ども・考える子ども・行動する子ども」を育てることを目標に掲げた教育方針の中で、のびのびとした幼稚園生活を送ることができます。

東京学芸大学附属幼稚園小金井園舎のホームページ

東京学芸大学附属幼稚園竹早園舎のホームページ

第7位:「聖心幼稚園」

神奈川県の横須賀市を中心に、エリア別に4つの幼稚園を開設する大きな幼稚園です。

横須賀では最も古い幼稚園の部類に入り、その歴史は60年を超えています。

「人と関わる力を身につける・自分で表現できる・集中力や根気を身につける」ことを目標に、日々教育はおこなわれています。

聖心幼稚園のホームページ

第8位:「暁星幼稚園」

遊びを通して協調性・好奇心・創造力、そして心身の力を養うことをモットーに幼児教育に取り組んでいる幼稚園です。

また、キリスト教をベースに幼児教育がおこなわれる点も特徴で、幼稚園の中には日々礼拝がおこなわれる協会が併設されています。

暁星幼稚園のホームページ

第9位:「玉川学園幼稚園」

「健康な体力と豊かな心・のびのびと明るく活動できる子ども・心の優しい子ども」を育てることをモットーに幼児教育がおこなわれる幼稚園です。

園舎の周りにはたくさんの樹木があり、東京都世田谷区という大都会の真ん中にありながらも、毎日子どもたちが自然に触れ合うことが可能な環境が作り出されています。

玉川学園幼稚園のホームページ

第10位「成城幼稚園」

こちらも東京都世田谷区にある都会の幼稚園ですが、豊かな自然に囲まれた環境づくりがおこなわれています。

その幼稚園の環境が物語る通り、教育方針として掲げられたメッセージにも、自然の中で子どもが育つことがモットーとされています。

また、自然に溶け込むように作られた園舎を子どもたちが「家」と感じることができるような教育を目指している点も特徴と言えるでしょう。

成城幼稚園のホームページ

子どもの負担を考慮しながら、志望校入園を目指す


“勉強”の要素が少ない受験とはいえ、幼い子どもに大きな負担がかかるのが幼稚園受験です。

自分が好きな遊びを通してのびのびと育つことが重要な時期に、親の意向で受験を強いるわけですから、可能な限り子どもに負担がかからないよう、そして、その先の子どもの力を育めるよう自然な形で受験準備を進めたいものです。

幼稚園受験の準備って一体なに?スケジュール・準備リスト【完全版】

2019.01.25
特別記事