賢い子を育てる幼児教育の先にあるもの

 

プロフィール

大坪 信之(おおつぼ のぶゆき)/株式会社 コペル 代表取締役。福岡大学人間関係論非常勤講師。一般社団法人徳育学会会長。日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー。2児の父。1963年福岡県生まれ。大学卒業後、日本アイ・ビー・エム株式会社にてシステム開発や営業業務に従事する。自身の子育て中の経験から幼児教育に興味を持ち、1994年に徳育教室(現コペル)を設立。幼児教室コペルの運営を通じて、子どもの心の教育を志し、様々な研究に取組んでいる。全国各地で子育てセミナーや子どもの潜在能力を引き出すための講演活動なども多数実施。

 

私たちは、50年越しの革命だと言って活動しています。

今から、世界中に幼児教室を普及させていきたいと考えています。

そして、この幼児教室(コペル)を卒業したお子さんたちは、将来リーダーになっていきますので、50年後にそれぞれの国の大統領や首相になるだろうと期待しています。

幼児教育を通じて世界平和を実現


そうなれば、サミットで会ったときに「あなたもあの幼児教室を(コペル)出身ですか」と共通言語が生まれ、「それなら分かりますよね」となり、戦争・紛争がなくなり、世界が平和になるのではと夢見て、今普及活動に勤しんでいます。

子どもの1週間は、我々大人の2~3年分です半年で60年分です。

その早さを考えると、これは本当に知れば知るほど恐ろしい話です。

だから、一刻も早く教育を始めると良いでしょう

残酷な話ですけれども、6歳を過ぎて後悔されないように、ぜひ6歳前に幼児教育を始めていただければと思います。

大坪信之氏インタビューの完全版はコチラ

プロフィール

大坪 信之(おおつぼ のぶゆき)/
株式会社 コペル 代表取締役。福岡大学人間関係論非常勤講師。一般社団法人徳育学会会長。日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー。
2児の父。1963年福岡県生まれ。大学卒業後、日本アイ・ビー・エム株式会社にてシステム開発や営業業務に従事する。自身の子育て中の経験から幼児教育に興味を持ち、1994年に徳育教室(現コペル)を設立。幼児教室コペルの運営を通じて、子どもの心の教育を志し、様々な研究に取組んでいる。全国各地で子育てセミナーや子どもの潜在能力を引き出すための講演活動なども多数実施。

<主な幼児教育関連著書・監修書籍>

※本をクリックするとamazonの書籍紹介ページに飛びます
特別記事