幼児教室のおすすめを徹底紹介!地頭のいい子に育てる教育法とは

特別記事

東大生がテレビで活躍していたり、アメリカでナンバーワンに輝いた日本の高校生が話題になるなど、最近では子供を天才に育てる教育法に関心が集まっています。

優秀な子供に育てるといえば、やはり早い年齢から幼児教室に通わせるのがおすすめ

とはいえ、無数に存在する幼児教室、どうやって選べばいいか分からないですよね。

この記事ではおすすめの幼児教室や、選び方のポイントをご紹介します。

どうして幼児教室に通わせた方がいいの?


そもそも幼児教室とは、子供の個性や才能を最大限引き出すための授業を行う、親子のための習い事の一つです。

子供の脳は、諸説ありますが3歳頃までにはある程度完成されると言われています。

つまり、3歳までに受けた教育によってその後の人生が大きく左右されると言っても過言ではないわけです。

平たく言うと、小学校に上がってからの勉強ができる子・できない子の違いは、幼少期の環境によるのです

もともと持っている才能や素質というわけではなく、3歳までにその子に合った教育を受けているかどうかで変わってくるのです。

幼児教室に通わせるなんて無駄?


でも、そんな小さい頃から幼児教室に通わせるなんて…と抵抗感のある方も中にはいるでしょう。

小さい頃は習い事なんかせずに、自由にのびのびと育てたい!という意見や、小さい頃にやったことなんて覚えていないから、幼児教室に通わせるなんて無駄!という意見もあります。

たしかに、幼児教室に通い始めた頃は「何がいいんだろう?」と思うこともあるかもしれません。

家でもできそうな手遊びやスキンシップをしているだけに見えたり、ぐずったり泣いたりしてしまう我が子に不安になったり…。

通わせても意味ないんじゃ?と不安になる親御さんも多いようですが、1年後、みなさん口を揃えて「通わせていてよかった!」とおっしゃるそうなんです。

幼児教室の効果は、すぐに分かるものではありません

実際に子供が言葉を話すようになったり、他者とコミュニケーションを取るようになったり、勉強を始めたり、そうした段階になって初めて「うちの子、他の子よりすごいかも」と分かるようになるものなのです。

幼児教室で言語やコミュニケーションなど全ての人としての基礎を学び土台がしっかりできているので、このような減少が起こるんですね。

ノーベル経済学賞を受賞したジェームズ・ヘックマン教授も、「就学前教育の有無が教育的、経済的な差を生み出す」と表明しています。

地頭のいい子に育てるのが幼児教室


まだ言葉を話せない赤ちゃんや幼児には、知識を教えるのではなく様々な経験をさせてあげることが重要です。

そして、一般家庭ではできないような効果的な経験をさせてもらえるのが、幼児教室です。

様々な経験をすることによって、脳の信号(シナプス)が増えます。

たとえばバナナを食べたことがある人は、バナナの味や形、食感、香りなどを一度にイメージすることができますよね。

ただの言葉としてではなく、実体験によって、脳があらゆる情報を受け取る土台を作ることができるのです。

幼児教室に通わせることの大切さ・ユニセフも表明!

幼児に対してしっかり教育することの大切は、あのユニセフも正式に表明しています

特に0〜3歳までの時期に施す教育の大切さを書いた部分を抜粋します。

「新生児の脳の細胞は多くの成人が何が起こっているかを知るずっと前に増殖し、シナプス(神経細胞相互間の接続部)による接合が急速に拡大して、終生のパターンがつくられる。わずか36カ月の間に子どもは考え、話し、学び、判断する能力を伸ばし、成人としての価値観や社会的な行動の基礎が築かれる。
(PDF 9ページより引用)

生まれた瞬間やその後の数カ月から数年間は、幼い子どもが暮らしのなかで経験する接触、動き、情緒のすべてが脳内で爆発的な電気的、化学的活動に変換され、脳の何十億もの細胞がネットワークに組織され、何兆ものシナプスで結ばれる。

子ども時代の初期には親や家族やその他の成人との間の経験や対話が子どもの脳の発達に影響し、十分な栄養や健康やきれいな水などの要因と同じぐらい大きな影響力をもつ。

この期間に子どもがどのように発達するかがのちの学校での学業の成否を決め、青年期や成人期の性格を左右する。
(PDF 14ページより引用)」

出典:https://www.unicef.or.jp/library/sowc/2001.html

このように、3歳までにたっぷり愛情を注ぎ、脳に刺激を与えることがいかに大切かが分かります

正しい愛情表現の仕方や、脳に刺激を与える方法を親自身も学ぶ必要があります。

幼児教室を選ぶポイント・失敗しない選び方


ここからは実際に幼児教育を選ぶポイントや、失敗しない選び方について説明していきます。

おすすめと言われている幼児教育でも、自分や子供に合っていなければ意味がありませんので、いろいろな観点から幼児教室を選んでみましょう。

ポイント1:評判・口コミがいいか

幼児教室の公式ホームページを見ると、とても子供にとって良い教育をしてくれるような気がしてきますよね。

もちろん嘘を書いているわけではないですが、ホームページの見栄えをよくするのは当たり前

書いてあることをすべて鵜呑みにするのではなく、実際にその教室に通っている親子の口コミや周囲の生の声をリサーチしましょう

一番いいのは、リアルな友人知人の口コミを聞くことです。

ネットの口コミも悪くはありませんが、信頼できる口コミかどうかを見極めなければなりません。

いい口コミしか出てこない幼児教室は、逆に怪しいと言えます

ポイント2:月謝

当然ですが、幼児教室に通わせるとなるとお金がかかります。

毎月かかる月謝の他に、入会金、プラスで教材費がかかる教室もあります

どんなにいい教育でも通い続けなければ意味がありませんし、かといって収入に見合っていない金額を幼児教室に費やしてしまうのも本末転倒です。

月々の支払いで考えるのではなく、「年間でいくらかかるか」を算出すると比較しやすいですよ。

キャンペーンをやっている教室などもありますので、それらも比較検討しましょう。

ポイント3:年齢にあったコースがあるか

意外と見通しがちなのが、子供の今の年齢に見合ったコースがあるかどうかです。

0歳児は受け付けていない教室や、4歳以降になると小学校受験コースに切り替わってしまう教室など様々。

自分の子供にどんな教育を受けさせたいのか、実際に検討している幼児教室に希望の年齢・コースがあるかどうかしっかり確認しましょう。

ポイント4:英語教育の有無

幼児教室によっては、デフォルトで英語プログラムが組まれているところもあれば、英語コースが別になっている場合もあります。

英語教育に関しては様々な意見があり、早いうちから習わせたい方、まずはしっかり日本語を覚えさせたい方などいますので、自分の子供の場合はどうかなというのを考えてみてください。

それによって、選ぶ幼児教育やコースが変わってきます

おすすめの幼児教室は、人それぞれ!


おすすめの幼児教室や、選び方についてご紹介しました。

お読みいただいたように、一般的におすすめと言われている幼児教育も、自分や子供に合っていなければ意味がありません

子供にどういう教育を受けさせたいのか、教育方針をある程度定めた上で、実際の口コミを重視して子供にとって最高の幼児教室を選んであげましょう!

特別記事