イヤイヤ期の女の子って?3つの特徴と子育てを楽しむコツ

イヤイヤ期とは、自我が芽生え自分の欲求を相手に伝える時期であり、2歳頃から始まります

「イヤ」という感情を相手にぶつけることで、人と自分が違うということを認識していきます。

イヤイヤ期が始まると言うことを聞かなくなり、世話を焼くのでママたちにとってもとても大変な時間となるでしょう。

イヤイヤ期は男の子、女の子どちらにも訪れますが、男女差はあるのでしょうか。

今回は女の子のイヤイヤ期の特徴3つと、子育てのコツついてお話していきます。

イヤイヤ期の女の子の特徴3つ

洋服の好みがより厳しくなる

オシャレが好きな女の子!今までであればママが選んだ洋服を喜んで着ていたのに、イヤイヤ期に突入すると途端に洋服の好みが厳しくなることも

「赤い服じゃないとヤダ!」「リボンがないから着たくない!」など急に自分の気に入った服しか着なくなります。

その他にも「ママの洋服を着たい!」「ドレスで外に出かける!」と言い出してママを困らせます。

そんなときは子供の要望にできるだけ合わせて洋服を着させてもいいでしょう

子供の興味感心はすぐ変わるので、頑なに親がダメ!と言うようりも、子供の意見を聞いて洋服を選んであげましょう

どうしても希望の洋服がない場合は、「この服○○ちゃんが着たらとっても似合うと思うな〜」と違う服を提案してみてください。

ポイントはできるだけ感情を込めて伝えること

子供は言葉より、親の感情を読み取るので大げさに話した方が子供に伝わります

ママの真似をする

ママの真似をするのが女の子は大好きです!ママに近づくために、なんでもママの真似をします。

なんでもママのやることに対して「やらせて〜!」とせがむように。

また、上手にママの真似ができないことから、やりたいのにできないストレスでイヤイヤがエスカレートすることも

ママは真似ばっかりする我が子を見てとても疲れてしまうと思います。

しかし、子供が何事にも興味を持ち挑戦する気持ちは成長にとって大切な一歩

子供が上手くできないときは、こっそりサポートをしてあげて成功体験をたくさん与えてあげるようにしましょう

女の子は観察能力が長けているので、ママの何気ないクセや行動を真似していることも!

なんだか自分のことを見ているようになり、微笑ましく思うこともあると思います。

イヤイヤ期の時期はママも暗くなりがちですが、もう一人の小さな自分がいると思って明るくプラス思考に考えてみましょう

言葉数が多くなる

女の子は言語コミュニケーションを取ることが得意で、会話をする能力が高いです

2歳になると言葉の発達も進み、言葉を使ってイヤイヤを表現することが多くなります

ごはんを食べているときに「もういらない!」と言ったり「やっぱり食べたい!」と言うことが変わるのは日常茶飯事。

いちいち反論してくるので、食事は毎日戦いの日々です。

ママを困らせていることも女の子はしっかり理解しているので、理由を説明して話を進めてあげるとちゃんと分かってくれることもあります。

大切なのは、発言に対してしっかり親が反応をしてあげること

ときにはイラッとする言葉をかけられると思いますが、イライラしているとそのイライラが子供に伝わり、子供も機嫌が悪くなる原因になります

できるだけ冷静な対応を心がけるようにしてください

イヤイヤ期の女の子の子育てのコツは?


女の子のイヤイヤ期は、ママにかかる負担も大きいです。

子育てが辛くなったなと思ったときは、無理をせず休息を取るようにしましょう

毎日子供と一緒にいると自分の時間が取れずに、気が滅入ってしまうことは誰だってあります。

子育ては常に真剣勝負ですから、ときには力を抜く時間も必要なのです。

子供と少し離れるだけで、気持ちがリセットされて、また新たな気持ちで子育てをすることができますよ。

子育てのコツとして、辛くなったときに気持ちをリセットする方法をこれからお話します。

パパを頼る

パパは働きに出ているから、子育ては私の仕事だと思いパパを頼らないママも多いと思います。

しかし、思い切ってパパを頼るのも大事なことです

パパも自分の子供が女の子なら嫌われないように頑張って面倒をみてくれるはずです。

子育ての負担が半分になれば心にゆとりが生まれるはずです

美容院に行く

子供を産むと女性ホルモンが少なくなり、薄毛や白髪が増えるなど髪の毛のトラブルが多くなります。

そんなときに自分の髪の毛がケアできないのはママにとってストレスになります。

子供を見てくれる美容院もあるので、自宅の近くにないか調べてみるのも手です

髪のケアをして心をリセットさせましょう。

あとで子供から「ママの髪の毛キレイ〜」なんて声をかけてくれるかも。

女の子だからこそそういう変化に気づいてくれるかもしれません。

ベビーシッターを雇う

子育ては決して一人で行わないといけないわけではありません

ベビーシッターに子育てを代行してもらい自分の時間を作ってみるのも手です。

現在ベビーシッターを雇うママたちがとても増えているので、ベビーシッターの数も増えています。

料金もリーズナブルで短時間で雇うこともできるのでおすすめです。

ベビーシッターは子育ての専門家なので、女の子の特徴に合わせて遊び方や接し方なども提案してくれるので、相談してみてもいいでしょう。

児童館に行く

児童館はおもちゃや絵本など遊び道具が豊富にあり、子供を遊ばせるにはとてもいい環境です。

また、同じようにイヤイヤ期の女の子を持つママたちがいるので意見交換ができるはず

共感したり参考になるが聞けてママとして成長できる機会になるかもしれません。

今まで悩んでいたことが簡単に解決!なんてこともあるので、子育てに行き詰まったときは是非一度児童館へ行ってみましょう

悲報!?イヤイヤ期の次にくるのは悪魔期


イヤイヤ期の次に悪魔期というのが存在します。2歳のイヤイヤ期が進化して3歳の悪魔期へ突入するのです

イヤイヤ期で参っているママにとっては、悲報になったかもしれません。

女の子は成長するのが早く、男の子よりも口が達者でイヤイヤ期を乗り越えるのは大変

なんて声もありますが、子育てはいつも大変なので、あまり気負いしないように楽しんで子育てをするようにしましょうね

イヤイヤ期でも子育てを楽しくする方法


女の子の子育てを楽しくさせるには、頑張りすぎないこと

なんでも完璧にする必要はなく時々手を抜いて適当にすることも大切なんです。

子供はママが元気でいることが何よりの幸せなのです

完璧に子育てをしなきゃいけないと思い、子供を叱り続けてしまうと子供のやる気を低下させてしまうケースも

イヤイヤ期は自発性を育む時期でもあるので、子供の心の成長の妨げになたない程度で子育てをしてみましょう

多少手を抜いても子供はまっすぐ育ってくれるものです。

子育てに正解はありませんので、あまり神経質にならずにいれば今よりも楽しい子育てができるはずです。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

女の子のイヤイヤ期でお悩みのママたちに参考となれば幸いです。

イヤイヤ期はママの気持ちがマイナスになりがちですが、周りの人を頼ったり、気持ちをリフレッシュさせて子育てを楽しんでくださいね。

女の子はママの気持ちを感じ取るのが得意なので、ママが悩んでいる気持ちもいち早く気づいているはず。

ママも子供もストレスなく過ごすことが、イヤイヤ期を乗り越える1番の方法かもしれません

子供の成長は思ったよりも早いので、あっという間にイヤイヤ期が終わり悪魔期も過ぎてしまうかも

気づいたら、あのときは大変だったな〜と振り返っているはずです。

特別記事