子供を賢くしたいなら今すぐ実践してほしい10個のヒント

特別記事

子供を賢くしたい!と思う親はたくさんいると思います。

賢くなれば、将来大人になったとき様々な場所で活躍でき、自分の夢や希望に向かって歩んでいけると親たちは思うからです。

子供の将来がより良くなるよう願うのは親にとって当たり前のこと。

今回は子供を賢くする方法を10個お話していきたいと思います。

1.愛情をたっぷり伝えよう


子供を賢くしたいと思うなら、愛情をたっぷりと伝えましょう

たっぷりと愛情を与えたら、子供が甘えん坊にならないのかな?と心配になる人もいるようですが、子供はたっぷりと愛情を与えたられた方が賢く育つのです

愛情の伝え方は様々ですが、子供が一番喜ぶことはスキンシップです。

体と体が触れ合うことは子供の心が安定し愛情を直接伝えることができます。

2.好奇心を刺激しよう


好奇心を刺激してあげることは、子供の潜在能力を引き出すことができます。

潜在能力をのばす時期は大体0歳〜6歳までが限界だと言われています

ですので、その期間はできるだけ子供が興味・関心のあることに注目して遊ばせてあげるようにしてください。

例えば絵本を読むことが好きな子供であれば、もっとたくさんの絵本がある施設に行って絵本を読み聞かせてあげましょう。

色使いが鮮やかだったりページに細工がある絵本は子供の好奇心を刺激することができます

体を動かすことが好きな子供であれば、いつもより広い公園につれていき、遊んだことのない遊具で思いっきり遊ばせてください

初めて触る遊具や、他の子供たちとのコミュニケーションは子供の脳にとても良い効果をもたらします。

子供を賢くしたいと思うなら、好奇心を刺激する体験をたくさんさせてあげてくださいね。

3.共感しよう


共感とは、子供の気持ちを自分のこのように分かってあげることです。

子供と親は一心同体。子供の気持ちを理解してあげるのは親だけなのです

例えば子供が転んで体が痛いと泣いているのであれば、「痛かったよね。」としっかり共感してあげましょう。

気持ちを共感することは、子供心の安定につながります。

子供を賢くしたいと思うなら、心を安定させることが肝心です。

心が乱れて不安感にかられると、落ち着きがなくなったり、癇癪が激しくなることもあるのです

4.他人の子供とは比べないにしよう


子供を賢くしたいと思うなら、他人の子供と自分の子供を比べないようにしましょう

子供の成長には個人差があり、自分の子供ができないことを他人の子供はできるといった場面を目の当たりにする機会は多いと思います。

しかし、そんなとときでも自分の子供の可能性に期待をし、広い心をもって子供と接していくことが重要です。

「どうしてできないの?」と責め立ててしまえば、子供は萎縮を自由に行動できなくなってしまいます。

子供の成長は決して焦らずに見守ることが大切です

5.論理的な説明はやめよう


子供を賢くしたいと思うなら、論理的な説明はやめたほうがいいでしょう

子供は感性で行動しますが大人のは論理的な行動をします

論理的な考え方を子供は理解できないので、何か説明をする際はなるべく言葉を多く使わずに、簡単に説明するようにしましょう。

例えば、「ご飯を食べるときは必ず手を洗わないと風邪をひく原因になるよ」という話をするよりも、「手を洗ってからご飯を食べてくれるとママ嬉しいな」と言ってあげたほうが、子供はすぐに言うことを聞いてくれるのです。

お母さんが喜ぶことをしたい!という子供の感性の部分をうまく利用していく方がスムーズにこちらの要望を受け止めてくれます。

親子関係が良好であると子供の感性はさらに高まっていき、周りの人との関係性もうまく築けるようになっていくのです。

6.好きなことをさせよう


子供を賢くしたいと思うなら、好きなことをさせましょう

苦手なことを克服させようとあえて子供が嫌がることを積極的にさせようとする親もいますがそれは間違っています。

子供は嫌なことをさせられると、脳の成長が滞ってしまうのです

賢い脳を育てるためには、好きなことさせて脳にいい刺激を与えてあげましょう。

子供は無限大の可能性を秘めているので、縛ることはせずのびのびとした環境の中で育てることをおすすめします

そして、好きなことさせることで自分に自信がつき始め、元々持つ能力をより最大限引き出すことができると言われています。

7.褒めてあげよう


子供を賢くしたいと思うなら、子供を褒めてあげましょう

ですが、子供の褒め方には注意すべき点があります。

もし、子供が何かで成功し親が褒めようとした際、美味しいお菓子をあげる、もしくは「すごいね!ママも成功して嬉しいよ」と言うのでは大きな差があります。

正しくない褒め方は前者の美味しいお菓子をあげるという答えです。

子供は親に褒められたいという欲求を常に持っていますが、それを褒めの言葉ではなくお菓子に変えて与えられた場合、欲求が上手く解消されなくなりストレスが溜まります。

単に褒めるだけでは子供は成長してくれないので、子供の欲求に純粋に答えられる親でいるようにしましょう

歪んだ愛情の形は、後に子供を捻くれさせ賢く真っ直ぐに育ってくれなくなってしまうので、注意が必要です。

8.睡眠時間はたっぷりとろう


子供を賢くしたいと思うなら、睡眠時間をたっぷりとってあげましょう

子供の仕事はよく遊び、よく食べ、よく寝ることです

しかし、日本の子供は睡眠時間が短いと言われています。

5歳〜6歳児であっても睡眠時間は最低でも10時間以上は必要と言われていますが、それができていない家庭が多いのです

睡眠は子供の脳の成長にとても大切なものであり、それを疎かにすることは学力低下につながってしまうのです

子供を賢くしたいと望むのであれば、子供の睡眠時間をしっかり確保してあげて、なるべく子供目線で生活を送るように親も努力するようにしましょう

9.食べ物に気を使おう


子供を賢くしたいと思うなら、食べ物に気を使うことが大切です。

子供の脳の働きをよくするには、日頃の食事に注意していかなければなりません。

DHA(ドコサヘキサエン酸)はサバイワシと言った青魚に豊富に含まれているもので、脳の働きを助けてくれます。

缶詰がスーパーで簡単に手に入るので、手を加えなくても食卓にすぐ並べることができるので嬉しい食材の一つです。

また大豆などに含まれているたんぱく質も体を作る大事な食材です。

集中力をアップさせる効果や体のエネルギーを作る源にもなるので、しっかり食べさせてください。

また、カルシウムは脳の神経にいいと言われいるので、牛乳や小魚も摂取するようにしましょう

カルシウム入りのお菓子なども多く売られているので、そういうものを積極的に取り入れましょう。

子供の食育にも力を入れて、子供の成長を万全にサポートできるように親も心掛けていきましょう

10.習い事をさせよう


子供を賢くしたいと思うなら、習い事をさせましょう

子供の可能性を広げてあげるために、外からの刺激を与えてあげることは脳にとっていいことでもあります

しかし、注意しなければならないのは強制をしないこと。

子供が楽しいと思って取り組むことが大前提となります

子供は楽しいと思うことは無我夢中で取り組み、ある日才能が開花するといったことも珍しくないのです。

天才と呼ばれる偉人は子供のときから秀でいたように、親が子供の才能に気づき、上手く引き出してあげられれることで子供の人生をバラ色に変えることもできるのです。

子供の将来のためにできること


いかがでしたでしょうか。

子供を賢くする方法を10個お話させていただきました。

子供は親が大好きなので、親の期待に応えるために必死に成し遂げようと頑張るでしょう。

しかし、ときにはこれは子供のために本当にしていることなのだろうか?親のエゴなのではないか?と立ち止まって考えることも大切なのではないかと思います。

子供を賢くしたいと思うなら、まずは親であるあなたが子供の目線に立って考えてあげることが大切です。

子供の脳の成長は6歳までなので、その時期までに賢い脳を育ててあげることができれば、将来優秀な大人へと育っていくかもしれません。

子供を賢くしたいと願うお父さん・お母さんにとって参考になれば幸いです。

特別記事